洗濯ネットがあれば洗濯物が傷つかない!

なぜ、洗濯ネットが必要なの?

コインランドリーの大きなサイズの洗濯機は、大量の衣類をまとめて洗うときや自宅では洗えない布団などを洗うときにとても便利です。自宅の洗濯機よりも水をたくさん使うので汚れ落ちが良いという利点もあります。しかし、その分衣類への負担が大きくなってしまうという注意点もあります。特に、デリケートな素材やデザインの衣類が洗濯中に伸びたり絡まったりしないように、洗濯ネットを使用する必要があるのです。また、コインランドリーは自宅と違ってさまざまな人が出入りする場所です。下着などの他人に見られたくない衣類もあると思いますが、そのとき洗濯ネットに入れれば人の目から隠すこともできます。この場合は目の細かい洗濯ネットに入れると良いです。

効果的な洗濯ネットの使い方は?

コインランドリーに行く準備として自宅で洗濯ネットに衣類を入れるときには、衣類が中で動いてしまうとシワの原因になるので衣類のサイズに合ったものを使いましょう。また、何枚も入れると洗濯ネットの中で衣類が絡まってしまうので、入れる衣類は洗濯ネット1つにつき1枚が基本です。洗濯ネットには目が粗いものと細かいものがありますが、目の粗いものは汚れをしっかりと落としつつ、型崩れやシワを防ぐことができます。一方、目の細かいものは粗いものに比べて洗浄力は落ちますが、下着やストッキングなどの特にデリケートな衣類に向いています。もし装飾がついた衣類などを入れようと思ったのに目の細かいものがないときは裏返して入れましょう。そして、洗濯が終わって乾燥にかけるときは生乾きを防ぐために洗濯ネットから出して乾燥にかけると効果的ですが、デリケートな衣類は乾燥に向いていないことも多いので洗濯表示は確認しておくことが大切です。